プレミアムフライデーって何?ZOZOタウンの6時間労働の方が凄い!

      2016/08/15


『プレミアムフライデー』構想とは?

PREMIUM FRIDAY

プレミアムフライデーと言われる
聞きなれない言葉が出てきましたね。

日本国民がオリンピックに熱狂している中、
なにやら政府や経済界が国民にもっと
お金を使ってもらおうと

 

この『プレミアムフライデー』構想を
進めているようです。

 

プレミアムフライデーとは?
いったいどういったもんなんでしょうか?

 

要は、月末の金曜は午後3時に仕事を終えて
いつもよりも早く退社出来るようになります。

 

早く仕事を終えて、時間があるやろうから
買い物や飲みに行ってお金を使いましょう。

 

個人消費を喚起するために、政府のお偉いさんが
考えたプレミアムフライデーの効果は

果たしてあるのでしょうか?

プレミアムフライデーの効果は? 世間の声は?

Sponsored Link

【個人消費を喚起するため、政府や経済界が月末の金曜日の午後3時に退庁・退社し、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」構想を検討していることが12日、分かった。経団連は政府に先行して、10月にもプレミアムフライデーの実行計画を策定する方針だ。】

いろいろな業種にイベントやセールなどを行ってもらい、3時に仕事を終えた人たちが、イベントやセールに参加し買い物をしてもらい、個人消費をあげるというストーリーですが、

 

実際に実施したらどうなるんでしょうか?

 

これだと、『いや〜はよ帰れるわラッキー』みたいな人が増えるだけで、消費が増えるようなことにはならないような気がしますが。。

 

 

時間や休みがあっても金のない人は、プレミアムフライデーの意味もわからず

何も消費せず、ゲームするか、まっすぐ家に帰りそうな。

 

世間の声もなんかねえ。。

ZOZOタウンを運営しているSTART TODAYの6時間労働『ろくじろう』が凄い

スタートトゥデイ

「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイが取り入れてる6時間労働のワークスタイル『ろくじろう』が素晴らしい。

 

スタートトゥデイの基本的な労働時間は、就業規則では8時間なんだそうです。

 

でも自分の仕事が6時間で切り上げれる人は、自由に6時間労働で勝手に帰ってもいいルール。

 

しかも、給与は8時間換算で支払われるとのこと。

 

なので、スタートトゥデイの社員の人は、午前9時から出社して午後3時まで昼休憩なしで6時間集中して働くそうです。

 

このワークスタイルを考えた
ZOZOTOWNの前澤社長の狙いは、

 

『生産性の向上と午後3時以降の時間の有効活用』

 

だそうです。

 

午後3時にみんな帰れるとその後は『自分の好きなことをして人生を楽しもう』というスタイル

 

素晴らしいですね。社員の人たちが生き生きと働いてるのが想像できますね。

 

実際に、仕事帰りに一杯飲みに行く人やフィットネスで運動する人、習い事に行く人、将来のために勉強する人など、

 

こっちの方が消費につながってるような

 

この6時間労働のスタイルの方が『プレミアムフライデー』よりもインパクトがありますね。

 

スタートトゥデイはこのワークスタイルを始めたのが2013年の5月から、もう3年も続けているようですね。

 

実際にこのスタイルにしてから、成果が出てるようでスタートトゥデイ社内の労働生産性はかなり向上し、前年比25%向上を記録したそうです。

 

このユニークな制度に『ろくじろう』という名前があり、なんとキャラクターまで用意されてるみたい。

 

儲かってる会社はやっぱり違いますねえ。

 - ニュース