金崎夢生が激怒しその後がヤバイ..キレる性格から無期限追放処分へ

      2016/08/27


金崎夢生の名前の由来や性格について

金崎夢生

金沢夢生選手が試合途中に激怒!監督から選手交代を告げられ、キレてしまい話題になっております。

監督に対してキレた代償はデカく、金沢夢売選手は日本代表からも外されてしまいました。

海外のポルトガルやドイツのチームを渡り歩き、
鹿島アントラーズで活躍し、やっと掴んだ代表。。

痛すぎですね。

金沢夢売選手の名前の由来とそんなキレやすい性格だったのか? 見ていきましょう。

金沢選手の名前の由来は、なんと

『ムー大陸』からなんですって

金沢夢売選手のお母さんが
今から約1万2000年前に太平洋に
あったとされる失われたと言われる

『ムー大陸』が好きだったとは

 

『ムー』って聞くとまず頭に出てくるのは 雑誌ですよね。

 

たまに本屋さんで読む雑誌ですが、
超常現象やオカルトなど面白いですね。

 

金沢夢売選手の母はこの雑誌を
定期購入してるのでしょうかね。

 

自分の子供の名前にムーって
つけるぐらいやから定期購入してる
ような気がします。

 

金沢選手の性格は、普段は優しい
家族思いの青年のようです。

 

以前にゴールを決めた時にその日が
お父さんの 誕生日だったらしく

フィールドで今日はお父さんの誕生日!

金崎『パパ~誕生日おめでとう〜』と

フィールドで誕生日を祝う優しいところも

 

反面、サッカーになると、
すぐに熱くなるタイプ

以前にチームメイトとプレースタイルで
口論となりつかみ合いになったことも

サッカーに対してはすごく熱くなるのは
いい事ですか、キレるのはよくないですね。

 

冷静な判断が出来ないと言う事なので、

 

金沢選手は、たぶん、おれが おれがの
自分の思いどおりに行かないとキレるタイプかな?

金崎夢生は顔面キックの韓国人の選手にはキレなかったのに!

Sponsored Link

これは普通はキレるプレーだが、
金沢選手はこの時はキレませんでした。

まあ、韓国の「キム・ミンヒョク選手」
のスパイク履いての蹴りが顔にモロ入ってるので、

ダメージで

キレる所ではなかったかもしれません。

 

痛すぎで立てなかったかも

 

その後、韓国の選手からも謝罪があったようで

金沢夢生選手はこの時は、
キレずに水に流しましたね。

 

これをキレずに許せる性格なのに。。
今回の石井監督には、なぜキレたのでしょうか?

 

金沢選手はすぐにキレる性格を改善する必要がありますね。

金崎夢生が激怒し石井監督にブチ切れ!代表から無期限追放処分に。。

アントラーズの石井監督

石井監督から後半交代を命じられ、
怒りを抑えれなかった。金沢選手

これはあかん!

金崎夢生は、この交代で激怒した後も怒りが収まらず...

ベンチ前でチームスタッフに制されながらも石井監督に向かってエキサイトしたようです。

 

 

想像してみたら、こわくなったけど
ハリルホジッチ監督にもこんな態度取れる選手はいるのでしょうか?

 

 

 

この映像を見てハリル監督がキレたんでしょう。

「金沢選手は代表候補のリストに入っていたが、日本代表の候補があのような態度をとってはいけない。彼の態度は私には受け入れ難い。A代表の基準には達していない行動」

規律を重視するハリルホジッチ監督が、
金沢選手を代表から無期限追放処分に。。

 

金崎選手は代表に復帰するには、怒りをコントロールする技術を学ぶ必要がありますね。

オススメのアンガーマネージメントとは、怒りをコントロールする技術です。

 

怒りというのは基本は瞬間的なもの
怒りは通常どんなに持続しても6秒なんだそうです。

 

6秒間を我慢すれば、
怒りは抑えることができるようです。

アンガーマネージメントの使えるテクニック

1.カウントバック

頭の中で、100から98、96、94と
2つずつ数を減らしていき
カウントする事に集中し、瞬間の怒りを
意識の外に追い出すテクニック

2.呼吸リラクゼーション

怒りが沸いてきたら、深呼吸するテクニック、
ゆっくり鼻から吸って口から出す。

3回繰り返すと、だいたい6秒経過して
すっきりするようです。

3.ストップ・シンキング

考えるのをやめる。やめ!とめ! ストップ!考えるな!
頭を空洞にしていき怒りを抑えるテクニック

4.グラウンディング

目の前の人に怒りを感じた時、
他の何かに意識を集中させるテクニック

とにかく6秒間意識を集中させるのがポイント

5.タイムアウト

その場を離れる。頭に血がのぼって制御不能になる前に、
とにかくその場を離れてみる。要は流れを変えることです。

こんな失敗で日本代表のチャンスを逃すのは
もったいなさすぎる。

金崎選手は石井監督に謝罪して

アンガーマネージメントを学んで
もう一度這い上がったほしいもんですね。

 - スポーツ ,